事務所概要所属弁護士紹介報酬規定スタッフ弁護士受け入れ地図

氏名  

 

客員弁護士

中 空 壽 雅

Toshimasa Nakazora



履歴

1953年 広島県因島市(現尾道市)生まれ
1972年 広島大学附属福山高等学校卒業
1976年 早稲田大学法学部卒業
1985年 早稲田大学大学院法学研究科博士後期課程公法学専攻単位取得満期退学
1990年 関東学園大学法学部専任講師
1995年 同助教授
1997年〜1998年   ドイツ連邦共和国マックスプランク外国・国際刑法研究所客員研究員
2000年 関東学園大学法学部教授
2003年 獨協大学法学部教授
2008年 明治大学法学部教授
2009年 弁護士登録(第二東京弁護士会)


主要著作等

演習ノート刑法各論(第4版・共著・法学書院・2008年)
刑法ゼミナール〔各論〕(共著・成文堂・2006年)
導入対話による刑法講義(総論)(第3版・共著・不磨書房・2006年)
Live 刑事法(補訂版・共著・成文堂・2005年)
「『責任能力と行為の同時存在の原則』の意義について」刑法雑誌45巻3号(2006年)
「自招侵害と正当防衛論」現代刑事法56号(2003年)
「中止犯の法的性格と成立要件−行為無価値論の立場から−」現代刑事法45号(2003年)
「『原因において自由な行為の法理』の有用性について」宮澤浩一先生古稀祝賀論文集第2巻(成文堂・2000年)
「実行着手後の心神喪失・心神耗弱といわゆる『同時存在の原則』」西原春夫先生古稀祝賀論文集第2巻(成文堂)(1998年3月)
「過失犯の原因において自由な行為に関する一考察」下村古稀祝賀論文集「刑事法学の新動向」上巻・成文堂(1996年6月)





事務所概要所属弁護士紹介報酬規定スタッフ弁護士受け入れ地図
BackNext